ついに衣替えを始めました

今年は夏物のパジャマを新調しました。

けれどもまだ、フリースのパジャマも着るかもしれないと思って、ハンガーにかけたままにしていました。

そこで今日、その冬物のパジャマを洗濯しました。

気が付けば、そろそろ衣替えの時期です。

学校のように何月何日から夏服、などと決めてはいませんが、梅雨が来る前に、済ませておきたいものです。

私にとっての衣替えとは、これからの服に着替えることではなくて、これまでの服を片付けることのような気がします。

ちょうどこの時期は、気温が高いけれども湿度はまだ高くないので、厚手の生地でもすぐに乾きます。

パジャマを洗濯したことだし、冬物の洗濯を始めることにしました。

まず最初に、普段着のセーターを洗いました。

厚手のセーターを洗うのは、けっこう重労働ですが、夏までにキレイに痩せたいから頑張りました。

毎日のように着ていたので、かなり汚れていましたが、30分くらい、せっけん水に浸けてから洗ったらキレイになりました。

軽く絞って、広げたバスタオルの上に置き、巻き寿司のように巻いて水分を取りました。

陰干しする場所がないので、セーターを裏返してから、竿に直接かけて干しました。

ちなみに、以前にセーターを干す道具を使っていたことがあります。

それは網と針金でできたカゴのような道具で、それを使うと型崩れしないし、陰干しできるのですが、今は使っていません。

なぜなら、乾くのが極端に遅くなってしまい、不便だからです。

それに大きなカゴを吊るしていると、邪魔で仕方がありません。

かと言って、セーターを裏返して干すだけでは、横着だと自覚はしているのです。

けれども、家事はずっと続けていくことだから、自分に合った方法が一番ですね。