汗かきなので脇がくさい

顔を洗うときに熱湯で洗ったりしてはいけません。

なぜなら、皮膚に必要な皮脂も落ちますし、きちんと洗えていないとカサカサ肌の原因やニキビなどの肌あれを招く恐れもあるからです。

顔を洗ったら、すかさずたっぷりの化粧水を優しく顔に当てながら吸収させ、その上から乳液を塗って、肌水分が逃げ出さないようにしてください。

また、1番乾燥しやすい目や口の周りなどは、少し厚めに乳液を塗るようにします。

さらに、洗顔するときは、ゴシゴシ洗うと乾燥肌にはたちどころに肌に傷がつきますから、丁寧に洗うように心がけてください。

そして、化粧水は手のひらにたくさん取り、手の温度で少し温めてから使うようにするといいですね。

その理由は、化粧水の温度が体温に近づいてくると浸透力が上がり、化粧水が一気に肌に吸収されるようになるからです。

また、3日おきくらいに、ピーリングをすると肌が生まれ変わるのを助けてくれます。

その後に乾燥ケアを行い、毛穴に潤いを与えるようにお手入れをしてください。

私の場合は敏感肌なので、ナチュラルメイクぐらいしかしたことがありませんでした。

それに、汗かきなので脇がくさいことが悩みでした。

しかし、ここのところは敏感肌用やアレルギー反応試験済みの化粧品やデオドラントなども増えてきました。

私みたいに敏感肌でも、肌に害を持たらすことなく使用できるので、非常に嬉しいと思っています。

せめて、脇がくさいことが解消できたら、多少のおしゃれはできそうです。