赤ちゃんの便秘の解消に役立っています

乳酸菌が腸や身体に良いはたらきをするというのは、誰でも理解できます。

しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって、便秘解消の効果は期待薄ではというふうに期待していない人もいますよね。

実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく、摂取するだけで腸内の免疫機能を充実指せて、ひいては体の健康増進に繋がっていくのです。

私の赤ちゃんも便秘になって以来、乳酸菌を摂取するようにしました。

一昨年から便秘を発症してしまって、夜泣きがやまなくなりました。

赤ちゃんの便秘なので薬を服用するのはしたくなかったから、テレビで取り上げられていた乳酸菌を試用してみました。

現在の段階では、赤ちゃんの便秘の解消に役立っています。

ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私自身が経験したのは、大人なら多くの量を食べないと、効果がないような気がします。

毎日1パック位食べて、やっとお通じがあります。

ヨーグルト愛好者にはいいですが、好まない人もジャムを入れたりして、なるべく摂取するとよいでしょう。

便秘に効くツボでよく知られているのは、おへそから両側に指に2本分程度離れ立ところに天枢(てんすう)です。

へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)というツボも効くといわれていますよね。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。

便秘のパターンによっても、効果的なツボは違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善に効果的でしょう。

俗にいう乳製品以外にも、赤ちゃんの便秘の解消にはオリゴ糖があることを知り、オリゴ糖て何だろうと調べてみました。

いろいろ検索し、そしたらオリゴ糖というのは腸内の善玉菌を活性化させ、悪玉菌が増加するのを抑える働きがあります。

そんなオリゴ糖と耳にして思い浮かぶのは、はぐくみオリゴですよね。

赤ちゃんが便秘になって、日々パソコンやスマホで検索して、やっと赤ちゃんの便秘に効きそうなはぐくみオリゴを見つけました。

それからは、毎日はぐくみオリゴを入れたヨーグルトを赤ちゃんに食べさてています。

なので、私の赤ちゃんの便秘が解消し、今では便秘知らずです。