ついに衣替えを始めました

今年は夏物のパジャマを新調しました。

けれどもまだ、フリースのパジャマも着るかもしれないと思って、ハンガーにかけたままにしていました。

そこで今日、その冬物のパジャマを洗濯しました。

気が付けば、そろそろ衣替えの時期です。

学校のように何月何日から夏服、などと決めてはいませんが、梅雨が来る前に、済ませておきたいものです。

私にとっての衣替えとは、これからの服に着替えることではなくて、これまでの服を片付けることのような気がします。

ちょうどこの時期は、気温が高いけれども湿度はまだ高くないので、厚手の生地でもすぐに乾きます。

パジャマを洗濯したことだし、冬物の洗濯を始めることにしました。

まず最初に、普段着のセーターを洗いました。

厚手のセーターを洗うのは、けっこう重労働ですが、夏までにキレイに痩せたいから頑張りました。

毎日のように着ていたので、かなり汚れていましたが、30分くらい、せっけん水に浸けてから洗ったらキレイになりました。

軽く絞って、広げたバスタオルの上に置き、巻き寿司のように巻いて水分を取りました。

陰干しする場所がないので、セーターを裏返してから、竿に直接かけて干しました。

ちなみに、以前にセーターを干す道具を使っていたことがあります。

それは網と針金でできたカゴのような道具で、それを使うと型崩れしないし、陰干しできるのですが、今は使っていません。

なぜなら、乾くのが極端に遅くなってしまい、不便だからです。

それに大きなカゴを吊るしていると、邪魔で仕方がありません。

かと言って、セーターを裏返して干すだけでは、横着だと自覚はしているのです。

けれども、家事はずっと続けていくことだから、自分に合った方法が一番ですね。

 

 

ドラマ「そして誰もいなくなった」のあらすじと感想

「そして誰もいなくなった」というドラマが、テレビ朝日で先月に二夜連続で放送されたのを録画してたので、見てみました。

このドラマはイギリスのミステリー作家アガサ・クリスティーの原作「そして誰もいなくなった」をもとに制作されています。

ドラマのあらすじは、過去に殺人を犯した経験を持ちながら罪に問われなかった10人の男女が孤島の屋敷に招待され、次々に殺されていくというものです。

アガサクリスティーの原作では、マザー・グースの歌をもとにしており、一人殺されるたびに屋敷に飾ってあるインディアンの人形が一体なくなるというものでした。

今回は、先日亡くなった渡瀬恒彦さんが最後に出演したドラマという事もあって、何となく見る気になったのです。

そのドラマで孤島に招待された10人の顔ぶれは、仲間由紀恵さんや柳葉敏郎さんなど演技の実績がある人ばかりで、有名な作品の登場人物をどんな風に演じるのか楽しみでした。

一歩の渡瀬恒彦さんは、私にとって最初で最後の犯人役を演じていましたが、冷静沈着で自分を含め法の裁きを逃れた10人を淡々と殺していく様子に恐怖を感じました。

他の9人の俳優さん達も、罪の意識に怯えながら追い詰められていくのを演じていましたが、その中でも仲間由紀恵さんは影のある女性役が見事でした。

このドラマ作品のもう1つの要は、最後の1人です。

他に誰もいなくなった後に、犯人が自殺を選ぶまでのプロセスが自然に感じられないと、物語がつながらないのですが、その辺がとても上手かったと思います。

このドラマに出演している俳優達で舞台に出演したら、また違った良い作品が生まれたかもしれません。

しかし、渡瀬恒彦さんにとっては今回が遺作という事になりますが、上質な作品を最後に見る事が出来て良かったです。

それにしても、仲間由紀恵さんはいつ見てもきれいですよね。

私がいつも使っているオールインワン化粧品は、澄肌ccクリームですが、仲間由紀恵さんももしかしたら使っているのかも知れませんね。

 

 

ホワイトデーで欲しい物のランキング調査の結果は?

バレンタインもとっくに過ぎて、早々に「女性がほしいホワイトデーのお返しランキング」が発表されました。

ホワイトデーのお返しとして、もらって嬉しいギフト1位は「アクセサリー」でした。

ランキング調査の結果、50.0%と約半数の女性が身に着けるアクセサリーを欲しいと思っていることが判明しました。

その他の順位としては、お菓子が15.8%、お花が15.8%、化粧品7.9%、その他とのことです。

ホワイトデーにかける予算は、大体5000円程度が理想とのことでした。

わたしは、あまりお返しは考えてはいませんが、アクセサリーなどはいくらあっても困らないので、もらって嬉しいとおもいますよね。

この雑誌のアクセサリーのデザインに関する調査概要

・欲しいのはシルバーと比べて「ゴールド」のアクセサリー(86.8%)

・アクセサリーは大きく派手目なものより、華奢で小柄なものが好き

・アクセサリーのテイストで“直感的に”好きなものは、「シンプル」で「上品」

・好きなモチーフTOP3は「イニシャル」「トライアングル」「花・植物」

・好きなパーツTOP3は「スワロフスキー」「天然石」「パール」

・好きなデザインはモチーフが“揺れる”シンプルなピアスなのだそうです。

やっぱり、女性の方はゴールドが好きな方が多いですね。

わたしもゴールドだったり、スワロのものが本当にかわいいと思います。

揺れるものは気分があがるので、わたしも大好きですね。

ただ、お返しがほしいがためにバレンタインを渡しているというよりは、日頃の感謝を込めてのバレンタインなので、あまりお返しにたいして気張らないでほしいですね。

 

 

ガラケー愛用者の夫がSNSで楽しそう

いまだガラケーを使用している夫です。

いよいよ生産が中止になるという今の流れに、猛反発しています。

世の中の流れで、無理やり気に入っているものを買い替えさせられるというのが、大変不満らしいのです。

スマホにするという事にかなり抵抗があるらしく、通話ができない、画像も取れない、充電もできないガラケーをいまだ使っています。

充電は本体の端子自体がいかれてしまっているので、購入した白ケータイで充電して電池パックを交換するというまどろっこしい方法で、頑張っています。

携帯電話なのに電話ができないので、通勤途中でトラブルがあった際は私が会社へ連絡をするような状態です。

若いのに、どこか前時代的な頑固さを持つ夫なのです。

そんな夫が、SNSに手を出したのもここ5年ほどのことで、きっかけはお世話になっている飲み屋さんの大将が、そのSNSを利用しているという事からでした。

私もそのSNSに参加はしていますが、全盛期よりも利用者が減ってしまいました。

大人の交流所、クローズドな雰囲気が売りだったのに、世の流れでその個性が取り払われてしまって以来、ほとんど利用しなくなってしまいました。

アカウントを削除したいと思っても、まだ積極的に利用している方もいます。

何しろ夫が最近登録したばかりという事もあって、中々アカウントの削除に至らないという状態です。

夫はそのSNSを楽しんで利用しているようで、「〇〇さん(夫と共通の友人)が面白いこと言ってるから、見てみて!」などと私に入ってくるので、しぶしぶログインをする状態です。

そんな風に楽しそうに話をしている夫を、とても愛しく感じます。

電源が入らなくなってしまう前に買い替えてほしいのですが、いつになる事やら・・・という感じで、少々困ってもいます。

そのついでに、私もライスフォースのお試しを楽天で購入するつもりです。

 

 

ペンパルは謎がたくさんあるアニメが見たい!

さきほど外国人のペンパルからメールが来ていたのですが、謎がたくさんあるアニメが見たいそうです。

改めてそう言われると、ジャンル分けなんてしたことがないので考えてしまいました。

でも、確かに一見なんでもなかったような伏線が回収されていって、後半になるにしたがって「ああ!こういうことだったのか!」と、スカッとできる物語はとても気持ちが良いです。

それは、アニメであろうとドラマであろう本であろうとです。

しかし、現実ではこんな体験できませんよね。

そううまい話はないですし、物語はどこはご都合主義でなければ面白くありません。

多方面からの味方が含まれているから、面白いところもあります。

主人公の目線だけでしか語られない物語は、珍しいのではないでしょうか。

主人公が知らないところであんなことがあったから、それが後々効いてくるとか、そういうのは見ていて楽しいです。

こんな気持ちにさせてくれるのは、創作者がいるからでしょうね。

現実で味わえないことだとしたら、それは娯楽がなせる業です。

こう考えると、私はもっとたくさんの作品を見るべきだなあと思います。

見てからでないと面白かったかそうでなかったかわからないので、遠ざけている部分もあります。

ですが、過去の作品でも面白いものはたくさんあります。

一生のうちに微々たるものしか見れませんが、出会ってよかったと思える作品に巡り合いたいですね。

ただ、難しいのはレビューが良かったり、人気が高いからと言って、私が面白いと思うとは限らないところですね。

ちなみに、彼女が使っているのはマスターホワイトの美白サプリだそうですが、これは私も顔のシミやくすみが気になるので一度使ってみようと思います。

 

 

ドラマ「逃げ恥」今更!?見終わった感想

ドラマやアニメは、何かしら一つ録画しておくとテンション上がりますね。

週に一回の楽しみというこの頻度がちょうど良いんです。

でも、前はちょっと録画を放置しすぎて、なんと今日、逃げ恥ロスも去ろうかというころにやっと最終回を見終わりました(笑)

感想としては、恋愛ドラマが好きではない私が面白かったと思えるもので、見て良かったです。

面白かったポイントはみくりさんにあります。

普通の恋愛ドラマや映画だと、思春期の学生がキャッキャしているという偏見を持っているんですが、みくりさんはテンションが高い女性ではありませんよね。

また、とても冷静に物事を論理的に見る力があります。

それは大学院まで学んだ心理学とも関係があるのでしょう。

そこが気に入りました。

恋愛というから感情論で突破されちゃうところがあるのが恋愛ドラマですが、これに関しては結構システマチックにいったなという印象です。

平匡さんも同じようなタイプだからそのあたりは相性が良いんでしょうね。

出てくる人物は総じて頭が良いと感じました。

きちんと考えて、それを相手に伝わるように言葉にできる、当たり前のようで難しいことです。

それを理解できる相手であるというところもまた気持ちが良い。

たぶん、普段人語が伝わらない相手と仕事をしているとこんな風に当たり前をありがたく感じちゃうんでしょうね・・・。

悲しいことですけど、このドラマのおかげで恋ダンスも含め楽しませてもらいました。

やっぱり、桜花媛ナチュラルbbクリーム口コミとドラマは一つは見なきゃだなあ。

 

 

私が経験してきた趣味を生かして子供たちを楽しませたい

私の10代の頃の趣味は、カラオケや頻繁に日サロに通ったりクラブに行ったり、常に遊ぶことが全て趣味として考えていました。

ですが、高校を卒業するにあたり、今まで自分がしてきたことは、趣味の部類には入らないと思ってきたのです。

そして、先行き自分が結婚し、子供が出来た時に子供を楽しませる事の出来る経験豊富な親になりたいと思いました。

そこで趣味として、本格的に始めたのがネイルアートです。

それは、まず室内で出来る趣味を一つ作ろうと思ったからです。

それと、もう一つは外で出来る趣味です。

外で出来る趣味はスポーツなので、スノーボードを初めてみました。

スノーボードを趣味で得意とする友人に連れて行ってもらい、ワンシーズンで、ほぼ毎週ゲレンデに通いました。

そして、結婚してからもネイルアートやスノーボードは続け、今ではもっと趣味を増やそうと思い色々な事を試してみました。

ですが、趣味と言っても自分に合う合わないがあるので、色々と試してみました。

その結果、今ではガーデニングやアウトドアや釣り、家の中では大人のぬりえやトールペイントやDIYを趣味として取り入れました。

今現在、私は育児中なので、外での趣味は一旦お休み中です。

でも、子供達が一緒に出来る年齢になれば、釣りやスノーボードやアウトドアは一緒に始めたいと思っています。

今の私の正直な気持ちは、今まで自分が経験してきた趣味を生かして、子供達を楽しませたり経験をさせてあげたいと思っています。

そうすれば、今まで無意味だった趣味も無駄にならなくて済むと思いました。

その日がくるのを楽しみに、毎日の育児を楽しんでいます。